虫歯の放置の恐ろしさ

>

虫歯が起こりやす場所

C0とC1

虫歯には症状によってC0〜C4までの5段階に分けられます。
各段階の症状や特徴についてここからは解説をしていきます。

まずC0についてご説明をします。
C0は虫歯の初期段階です。
歯医者での治療ではなくご自身で歯磨きを丁寧に行うことなどにより防げる程度の段階となります。
C0段階の虫歯は痛みを伴わないため虫歯に気づけないといったような場合もあります。
次にC1についてご説明をいたします。
C1は歯の表面に穴が開いてしまう状態のことを指します。
歯の表面にはエナメル質がありこのエナメル質が溶けることによって歯の表面に穴が開いてしまうことになります。
C1段階では歯医者での治療が必要となります。
歯医者では穴が開いた箇所に詰め物をして対応することになります。

C2とC3とC4について

次にC2についてご説明をします。
C1では歯の表面のに穴が開いた状態のことを指しますがC2では歯の表面に穴が開き、さらに深い位置まで虫歯が進行している状況となります。
C1段階までは痛みを感じることはありませんでしたが歯に冷たいものや熱いものが染みるような状況になるとC2段階の虫歯の可能性が考えられます。
治療は歯医者にて麻酔を使用して神経保護の薬を塗り、詰め物を行うといったような流れになります。
次にC3についてご説明をいたします。
C3では飲食以外での日常生活の最中にも痛みを感じることとなります。
治療内容は程度によって変わってきますが数ヶ月間、かかることとなります。
最後にC4についてご説明をいたします。
C4では虫歯が歯の全体に広がり、歯の表面などがほとんどない状態になります。
C4では効果的な治療はなくほとんどの場合が抜歯をすることになります。


Share